続・お気楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
Posted by ゆん on  | 

お料理教室にて~☆

恒例のレッスン♪

と言ってもそこはフランス人シェフ、8月はお休みなのでした。
この記事は7月のお話。のろのろしてたら2ヶ月も過ぎちゃった(^_^;


作り方を覚えて実践する気はさらさらないのだけど
今回はフランス語の意味を一つ覚えたので勉強になったわ♪

Goujons de carrelets   カレイのグジョン

goujonsは、ワカサギのことだってシェフが言うの。

辞書的に調べると、ワカサギはeperlanであって、goujonは淡水魚全般を指すらしいのだけど
お魚の呼称は国によってかなり違うから、日本語と直訳しづらいところが難しいね~


日本語ベラベラのフランス人シェフだけど
それでもやっぱり時折???な言葉使いで、わかったようなわかんないような話の時があって
この時も、ワカサギみたいな形にするって言うけど、もうさっぱりちんぷんかんぷん(^_^;

この日ののお魚はマコガレイ。
それをさばいて、ワカサギのように切るんですって。



これを、さらっさらの細かいパン粉をつけて、くるくると形を整えると

2014-07-21-2.jpg

おお、確かにワカサギのような形ねっ!!!

まさに百聞は一見にしかず・・・・フランス語だと voir, c'est croire かな?自信ない(^^;

fish goujons とか、聞いたことがあるような無いような感じで(笑
軽めのフライのことだと思っていましたが、
ワカサギのような形のフライを指すらしーわー 

goujons de soles なら、舌平目のグジョンね。

次回フランスに行った時に役立ちそう♪   いつ行くんだか???



そして

2014-07-21-3.jpg

・・・全部が茶色っぽいのは、もはやご愛嬌でスルーいたしましょ(笑

お皿の上部にあるのはフェタチーズ(羊のチーズ)と野菜たっぷりなクロケット♪
がんもどきじゃないよ
付け合せのソースも、これだけの材料を使っていたら、
3種類くらい別のソースが出来るんじゃ???と思うほど毎度のことながら凝りまくってます。
懲りすぎじゃないのかな~?と実は毎回思っておりますが、
クラシカルなフランス料理とはこういうものなのかもしれないし、
そういうやり方を見るのはなかなか楽しいものなので納得しております。

自分で作るならタルタルソースで十分においしいとのこと。 それなら出来る



前後しますが、最初の皿はこちらでした↓

2014-07-21-4.jpg

Crème de tomate glacée au Basilic 冷静トマトクリームスープ バジルの香り♪

トマトの酸味がピリッと感じられて、それでいて濃厚で美味しいスープでした。

左のパンみたいのは、冷凍パン生地の片面にタプナードを塗って焼いたもの。

タプナード、こういうの大好き^^
変にアレンジせず、そのままパンにつけて頂きたいわ^^
白ワインのお供にぴったりよね♪



2014-07-21-5.jpg


桃のコンポートにフロマージュブラン、メレンゲを何層にも重ね、最後に桃のシャーベットを加えたデザート☆
シャーベットは、一番初めに仕込んでました。

これ、すごーーーく美味しかった
お店で注文して食べたら、軽く千円はしそうな感じ。量もたっぷりだしね^^


ごちそうさまでした。

ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
Posted by ゆん on  | 6 comments  0 trackback

-6 Comments

チョコレーゼ says...""
うわー、本当にワカサギみたいなフライになってるー∑(゚ω゚ノ)ノ
でもそこまでの行程が、家じゃ絶対しないですよね、
細かくしないで大きいまま使っちゃいそうだわ(@゚m゚@)ププ
ソースも凝ってて、素材も凝った形にして、やっぱりフレンチって手がこんだ
お料理なんですねー。無精な私には無理だ(ノ∀`*)
桃のデザート、とっても美味しそうですね~。桃がゴロっと入ってるデザートって
好きだわぁ~❤ 私桃の缶詰も大好きだもの( ´艸`)
2014.09.06 00:12 | URL | #- [edit]
むらさき says...""
おはようございます!

今回のメニュー、好みだわぁ~♪
トマトのスープといっても赤くないのね。
パンプキンかと思っちゃった!

フレンチって、もちろん自宅では作らない(作れない)し、
本格的なお店に行くことはそうそうないから、
こうやって、定期的に本物を食べられるって良いですよね^^


百聞は一見にしかずって、英語では
「seeing is believing」になるけど、
フランス語ではどうなるのかしらん。
ことわざって、訳すの難しいよね。
2014.09.06 07:48 | URL | #- [edit]
ビランドラ says...""
ご無沙汰しております(^.^)
ゆんさま、フランス料理を習いに行かれているのですね^^
わかさぎの形に似たフライ!めちゃくちゃ美味しそうです♪

私も久々にお料理教室に行きたくなっちゃいました~♪
2014.09.07 10:01 | URL | #- [edit]
ゆん says..."チョコレーゼさん"
> うわー、本当にワカサギみたいなフライになってるー∑(゚ω゚ノ)ノ
> でもそこまでの行程が、家じゃ絶対しないですよね、

そうなんですよ。家じゃ絶対しない。

せっかく大きな切り身なんだから、そのまま使っちゃえばいいのにーって思いますよね。

一応お料理教室の形ではありますけど、
お料理ショーという方が現実に近いかな~
ショーを見て楽しんで、食べるって感じ。

そう考えると、懲りすぎなのも、ショーなんだからと納得できちゃったりして^w^

チョコさんも桃お好きですか。美味しいですよね。
また美味しい季節がやってきちゃいましたね(>_<)
2014.09.07 14:23 | URL | #- [edit]
ゆん says..."むらさきさん"
こんにちは~^^

> フレンチって、もちろん自宅では作らない(作れない)し、
> 本格的なお店に行くことはそうそうないから、
> こうやって、定期的に本物を食べられるって良いですよね^^

あ、ほんとほんと、その通りですね。
いいことおっしゃって下さる♪



> 百聞は一見にしかずって、英語では
> 「seeing is believing」になるけど、

やっぱりそれですか! そこが自信なくて。
でも調べるほどでもないしなーなんて(^^;

それならvoir,c'est croireで合ってると思う。
ありがとう(^o^)/

> フランス語ではどうなるのかしらん。
> ことわざって、訳すの難しいよね。
2014.09.07 14:36 | URL | #- [edit]
ゆん says..."ビランドラさん"
キャー おひさしぶり!!!!!
お元気ですか?仕事で忙しくされているんでしょうね~。

> ゆんさま、フランス料理を習いに行かれているのですね^^

そうなの。今年から。
だけどビランドラさんみたいに、本格的に習うのじゃなくて、
生徒はシェフの手さばきを見てるだけなの(笑
だから腕は上達しないわね~ そのかわり本格シェフのお料理だから味覚は上達してるかも?!

コメントありがとう。
私も遊びにいきまーす♪
2014.09.07 14:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shushu098765.blog.fc2.com/tb.php/242-3abbde3f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。