続・お気楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
Posted by ゆん on  | 

中国茶を楽しむ

近頃、度々通っている中国茶の講座。

2014-08-01-1.jpg

話をふむふむと聞きながら、お茶の種類だとか、味の違いだとか、淹れ方だとか、
中国茶の全般を広く浅く知ろうというわけですが
時間が経つと、どっちが陰でどっちが陽だったか、
発酵度がどうのとか、効能がどうのとか、
そんなことはすっかり忘れてしまっておりますが、
印象深かった話を幾つか。

中国人講師が言うには、中国の学校では中国の歴史は5千年と習ったのに
日本へ来ると皆が4千年の歴史と言う。千年もどこかへ行ってしまったと。。。
この話、講師さんはよほど気になるのか、訪問する度に何度もおっしゃってるような気がします。
”中国4千年の歴史・・・” これって、某飲料大手メーカーのCMの影響だと思うわ(^_^;

2014-07-27-3.jpg

これは日本のおちょこと同じような大きさの茶器なんだけど、かわいいでしょ^^
魚が泳いでいるように見える遊び心ね。

2014-07-27-2.jpg

ガラスのコップで淹れているのは緑茶。
このコップで抽出して、一人一人の器に移すの。ちょっどびっくりね。
どうしてこうするのか、ちゃーんと理由も説明してくれたんだけど、生半可な記憶だから書けないわ(^_^;

逆に中国人講師がびっくりした話として
日本の緑茶がこんなに色鮮やかで味も濃くて。
はじめて見た時はとても驚いて、着色してるんじゃないかと思った、と言ってたわ~

中国の緑茶は、結局最後まで画像のコップの色程度だし、お味も本当に薄めなの。

中国料理と日本料理を比べるとまるで正反対なのに、面白いね。

花茶

こんな鮮やかな花茶を出してもらった日もありました。

こういうのだと気分も上がるわ~♪

茶葉

左はお茶と一緒に楽しむお菓子。 でも漢方的なものばかりなので、よく味わって頂きました^^
それと、右側のは、たしかジャスミンティー
いろんな茶葉の画像が残っていて、どれがどれだかわからなくなっているの(>_<)


ジャスミンティーにも当然ピンキリがあって、これは高級な茶葉なんですって。
それでも、この茶葉に鼻を近づけても、あの華やかな香りがぷーんと は、漂ってこない。
ほのかにジャスミン?な香り程度なのね。

だから、日本で麦茶のようにジャスミンティーを大量に抽出しているのは、あれは香料の香り。
いいものを飲みたいと思ったら、そこそこ金額もしますから
安くて大量に飲めるのはウソ、ですって。
まーなんでも安物にはワナがあるってことかしらね(笑



ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

Category : 趣味いろいろ
Posted by ゆん on  | 10 comments  0 trackback

-10 Comments

むらさき says...""
おはようございま~す!

わぁ~。面白そう!!!!
私も、玉のジャスミンティが好きでよく飲んでますよ♪
中国茶葉、かなり奥が深そう~。

今度会ったとき、さわりを教えて欲しいわぁ~。
2014.08.30 10:54 | URL | #- [edit]
みっち says...""
色んなことをされてますね~
お金と時間に余裕がないと出来ないなあ・・・羨ましい。

中国の緑茶は薄いんだ。意外ですね。
2014.08.30 14:04 | URL | #- [edit]
チョコレーゼ says...""
金魚が泳いでみえる茶器、良いですねー。目で楽しみ味で楽しみって
事なのでしょうね~♪
中国は花茶がすごくポピュラーみたいで、息子君のお嫁さんも花茶が
好きみたいー。 初めて家に来た時のお土産も花茶を持ってきてたわん。
でも頂いた花茶、見た目は綺麗なんだけど、それほど美味しいって思えなくて
(すごい失礼な話よね^^;) 結局その後私は飲まずじまいでした^^;
日本茶のほうが断然美味しくて(ノ∀`*)

ジャスミンの茶葉はほんとピンキリあるみたいですねー
私は息子さんが日本に戻ってくる度にジャスミンの茶葉をお願いしているけど
日本でジャスミンの茶葉って買った事ないの、日本で飲んでた時は
ペットボトルで売ってるなんちゃってジャスミン茶ばっかりでした(@゚m゚@)ププ
2014.08.30 18:37 | URL | #- [edit]
katsu says...""
中国茶の講座ってあるんですね。
中国の歴史からいうと,いろんなお茶があるんでしょうね。
身近でそんな講座があったら行ってみようかな。
おもしろそうです。
2014.08.31 11:55 | URL | #- [edit]
ゆん says..."むらさきさん"
こんばんはー^^

> 私も、玉のジャスミンティが好きでよく飲んでますよ♪

そうですか~ さすがむらさきさん!
私は全然詳しくなくて、
本物のジャスミンティーは玉になっていることを今回初めて知りました(^^;

お茶の講座ではあるんですけどね、
遊び半分のゆるーいものなので、
お茶そのものよりも、日中の文化の違いを語る講師の方の話を聴くのが一番興味深かったりして。



2014.09.01 21:39 | URL | #- [edit]
ゆん says..."みっちゃん"
こんばんは~^^

面白そう♪と思うとあちこち手を出してはみるのですが
結局どれも広く浅くて身になっていないからなんだかね・・・(>_<)

> 中国の緑茶は薄いんだ。意外ですね。

とっても薄いの。日本茶とはまるで違いました。
2014.09.01 21:42 | URL | #- [edit]
ゆん says..."チョコレーゼさん"
こんばんは^^

そっか、チョコさんは義理の息子さんがあちらに住まわれてるんでしたっけ?
ご縁があるから本物を頂く機会も多いでしょうね。

私も日本茶や中国のじゃない紅茶の方が好きですね。
それか、中国茶を買うならハーブティーを選ぶかも(笑


> 日本でジャスミンの茶葉って買った事ないの、日本で飲んでた時は
> ペットボトルで売ってるなんちゃってジャスミン茶ばっかりでした(@゚m゚@)ププ

沖縄のサンピン茶も、あれジャスミンティーですよね。
旅行中、コンビニでいつも買ってて、あれがほんとの味なんだと思ってました(^_^;
ペットボトルの、薄いやつ。
2014.09.01 21:51 | URL | #- [edit]
ゆん says..."katsuさん"
結構面白いですよ^^

お茶の講義そっちのけで、日中の文化の違いに話が脱線することが多いんですが、
中国の方の生の声だから、なるほど~と思うことが多いの。
2014.09.01 21:55 | URL | #- [edit]
なおこ says..."底の鯉たちがなんとも"
愛らしくてかわいいですね。中国文化、お茶の入れ方も入れる道具も、添える花も本当に多様で、興味深いです。ジャスミンを入れた緑茶というのを、日本に暮らしていた頃は見かけなかったのに、イタリアではよく見かけます。中国ではよくある組み合わせなんですね。
2014.09.04 00:13 | URL | #- [edit]
ゆん says..."なおこさん"
キャー!なおこさん、ご無沙汰して申し訳ありません。
思い出して頂いて嬉しいです^^ありがとー♪

相変わらず、ミーハーで軽々なブログでお恥ずかしい(^_^;


中国人講師の方がね、お茶は中国発祥なのに、文化として高めたのは日本人(茶道)で、海外では茶の芸術というと皆日本の茶道を思い描くから、中国人としてはちょっとくやしいと言ってました。中国の「今の」茶芸の歴史は、百年くらいしかないんですって。ちょっとびっくりです。でもこれから中国茶の攻勢がますます強まる予感がしますね。

ちなみに、日本の茶道は、唐の時代の文献にあるお茶の飲み方に酷似しているそうです。茶道だけでなく、唐の歴史は、中国よりも京都を見て回った方がイイ なんて言ってました。

コメントありがとう。
私も、またお邪魔しに伺いますね^^

2014.09.05 02:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shushu098765.blog.fc2.com/tb.php/256-3ab8def3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。