続・お気楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
Posted by ゆん on  | 

La Belle et La Bête ~古いフランス映画を何本か。。。

近年は映画を見ること自体が激減しておりますが、
白黒時代の古い映画が好きで、観まくった時期もありました。
今回は似たような系列の3作品を、そういえば~ なんて思いながら
続けざまに視聴したので、自分の備忘録を兼ねてご紹介♪



「美女と野獣」 La Bell et La Bête 1946年製 

美女と野獣-2 (画像はお借りしてます)

今から70年前に、この特撮映像はすごいと思う。
人的パフォーマンスがすごいとも言えるかな。
人間の腕を燭台に見立てたり、顔だってオブジェになっちゃってるし!
だけど野獣の特殊メイクも含めて、
全ての映像が、カラーで見ちゃったら突っ込みどころ満載だと思うわ。
白黒なのが幸いして、アラが隠れて重厚に見えるけどね(笑

それと、野獣のしゃべりがゆっくりなので、フランス語の初級聞き取りに向いてるところも○ 
野獣君、ヒロインに向かって「じぇ そわふ・・・」(喉が渇いた) なんてボソッと言ってるし(≧m≦)

La Belle ~で検索していたら、今冬に2014年版の美女と野獣が公開されるみたい。
どうせディズニーかハリウッドだろうなと思っていたら、
なんとフランス語でした(≧∇≦)/ good job




それからお次は、「パルムの僧院」 La Chartreuse de Parme 1947年。

th.jpg (画像はお借りしてます)

文豪スタンダール作品の映画化。

お話はワーテルローの戦い後の設定だから、1800年代初頭くらい。
そういう時代劇だから、今見ても、画面が白黒というだけで、古臭さをあまり感じません。
その点現代劇の方が、車の形や電話、服装やヘアメイクなどで時代を感じやすいかも。

主人公は当時フランス一の美男俳優と誉れ高かったジェラール・フィリップ。
権力者達から言い寄られる二人の美女が、主人公を助ける為に自らを犠牲にしちゃうの。
それでいて、肝心の主人公は貴族の女好きの色男という以外、特別な魅力は感じられず・・・
だからこそ、主人公は美男じゃないとリアリティがありません(≧∇≦)/
美男美女って表現が古めかしい気がするけど、今回はこの表現が一番しっくりくるわ!!!

これ、3時間の長丁場なの。
昔の作品は、もっと長いものだって沢山あるけど、現代人には少々きついわね。
お話も全体的にまったりしてるし、ところどころ早送りしちゃったわ(^_^;

そういえばこの作品、宝塚で何度か上演されてるらしーの。
大公様や公爵様、美男美女で、命をかけてー、愛のためにー とかとか・・・
確かに宝塚的要素満載の作品でした^w^



そして、同じくジェラール・フィリップ主演の
「花咲ける騎士道」  Fanfan La Tulipe 1952年製。

dvd-1437.jpg (画像はお借りしてます)

この邦題は素晴らしいですね。

こちらは、ルイ15世時代の、華やかで強かったフランスを時代背景とした
西洋版・痛快チャンバラ活劇とも言えるかな?
ただしそこはお国柄、恋のお話が主軸です^^

主役のジェラール・フィリップは、この作品で爆発的人気を勝ち得たそうで、
日本にも来日したことがあるみたい。

少し痩せ過ぎかなって思うけど、
後に出るフランス俳優アラン・ドロンのような毒々しさがないのがいいわw



それから、故・岡田眞澄さんの愛称でもあったファンファンという名は、
ここから来てるんですって。美男つながりらしー。



ちなみにこの作品も後年リメイクされてました。




白黒でありながら、今も容易に鑑賞出来る作品というのは、
もうそれだけで歴史に残った名作だと思うの。
リメイクされてる作品も多いしね~

それに、女優さん達が文句無く美しいのもいいわ

今回はたまたまフランス映画3作品だけど、好きな白黒映画は他にもたーくさんあるの。
そのうちぼちぼちと、そんなレビューも備忘録としてアップ出来るといいな。


ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

Category : 趣味いろいろ
Posted by ゆん on  | 4 comments  0 trackback

-4 Comments

みっち says...""
70年前に特撮映画なんてあったのね~ 驚きv-7
確かに野獣の顔がとてもボケた感じに見えるから、カラーだとお粗末なのかな。
白黒だと雰囲気で見れちゃいそうね。

ジェラール・フィリップという俳優さん、
聞いたことがあるようなないような(笑)

岡田真澄さんのファンファンがこの映画からって、すごいウンチクじゃない?

ゆんちゃま物知り~v-10
2014.10.15 17:50 | URL | #- [edit]
チョコレーゼ says...""
こうやって拝見すると白黒映画って、美しく見えますね~♪
美女と野獣で白黒のものがあったのも初めて知りましたー!すごいですねー!!
70年前の映画ですか、画像でみると全然そうは見えないですね。
あまり白黒映画を見ないのと、2番目の作品は全く知らなくてー(@゚m゚@)ププ
無知でスイマセン(ノ∀`*)
3番目の作品は楽しそうな感じ~!
岡田真澄の若い頃の写真見ると、本当にハンサムですものねー
この映画からきてるのですか~なるほど~(*´ω`*)
2014.10.15 23:34 | URL | #- [edit]
ゆん says..."みっちゃん"
こんばんは^^

> 70年前に特撮映画なんてあったのね~ 驚きv-7

そうなの。
ま、特撮と言ってもかなーりアナログだけど。

> ジェラール・フィリップという俳優さん、
> 聞いたことがあるようなないような(笑)

日仏の図書館に、資料が沢山あったよ。
あー、日仏懐かしいな。もう何年も行ってない~


> 岡田真澄さんのファンファンがこの映画からって、すごいウンチクじゃない?

そうかも。
でも岡田さん亡くなっちゃったから、それ語れる場がないわね(^_^;
2014.10.18 00:32 | URL | #- [edit]
ゆん says..."チョコレーゼさん"
> こうやって拝見すると白黒映画って、美しく見えますね~

ボケボケだからアラが隠れちゃうんですね(笑

チョコさんのように最新作を迫力の大画面で見慣れた方からすると
画像が粗過ぎで見れたもんじゃないかもしれません(^^;


> あまり白黒映画を見ないのと、2番目の作品は全く知らなくてー(@゚m゚@)ププ

当然ですよ~^^
白黒の、しかもフランス映画を語るなんて、
かなりマニアックな部類の話だろうなって、自覚してます、ハイ( ̄▽ ̄)

2014.10.18 00:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shushu098765.blog.fc2.com/tb.php/267-89cbcd52
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。