続・お気楽な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
Posted by ゆん on  | 

迎賓館~赤坂離宮 前庭見学

一年に数日だけ一般公開されるという迎賓館へ、
友人らに声をかけてもらい行ってきました。

2014-11-10-10.jpg

普段は、この門↑から中へは入れません。

中に白いテント↑が見えるでしょ。
ここで一応セキュリティーチェックがありました。

ところで、この門や柵の感じ、ヴェルサイユ宮殿の門にすごく似てると思うの!  

この門を内側から見た図↓

2014-11-10-20.jpg

ご一緒したのは以前仏語教室で一緒だったお仲間さんらなので
みんなその辺のことは妙に詳しくて(笑)盛り上がりました♪


2014-11-10-12.jpg

さほど混雑してませんネ。

2014-11-10-13.jpg

見学出来るのはこの庭のスペースだけで、内部に入ることは一切出来ないので、
物足りないというか、「なんだこれだけか」的なw
見物客が押し寄せるようなところではないですね。

2014-11-10-14.jpg

秋の前庭公開に対して、春には内部公開があるらしいですが、こちらは抽選なんだとか。
ものすごい倍率なのかと思っていたけど、意外とそうでもないらしい。
どうせなら内部公開見る方がいいわね。

2014-11-10-15.jpg

パリのルーブルみたいな、ウィーンのシェーンブルンみたいな・・・・・

2014-11-10-16.jpg

私たち日本人は、「日本にもこんな場所があるんだ♪」という気持ちにはなるけれど、ねえ。

・・・少し前に、現東京都知事が「赤坂の迎賓館は西洋式で、悪く言えばベルサイユ宮殿のまがいごと。日本的な迎賓館があることが望ましい」という発言をしてました。賛否両論あるのは当然ですが、私、この発言に関しては、我が意を得たりと思いました。


2014-11-10-17.jpg

平成17年に建設されたという、京都の迎賓館は、数寄屋作りの日本らしい建物だと知り、
妙にほっとした気分です^^   私ごときがほっとしてどうするって感じだけど(^^;

姫路城みたいなドドーンとしたお城を作って迎賓館にするのはどうかしら???
日本らしい木造建築に、ハイテクを駆使した忍者屋敷みたいなブースも作ったりして
ダメかなあ?やれば出来ると思うけど。



見学自体はこれだけなのであっという間ですが、
その前に皆で軽くパスタランチを頂いて、見学後はカフェタイム
みんなで言いたい放題、おしゃべりをして、
そんな時間が楽しい、ある秋の日の、お気楽な日々☆

ランキングに参加しています。クリック下さると嬉しいです^^
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

Category : つぶやき
Posted by ゆん on  | 10 comments  0 trackback

-10 Comments

チョコレーゼ says...""
こんばんは~!
迎賓館って公開される事があるんですね、知りませんでした。
ウンウン、ゆんさんがおっしゃるの解るわー! 私も写真見た時にベルサイユの
門に似ている!って思いました!! と同時にあそこに行ったんだなっ
ていう実感がこういう時に感じるんだなと、しみじみ思ってみたり(*´m`*)
建物も、ほんとルーブルをこじんまりした感じがしますね、
でも圧倒的にルーブルやベルサイユの建物とは迫力が違うなぁ・・・と。

迎賓館、確かに日本建築の文化を象徴するような建物のほうが良いと
思いますねー! ただ晩餐会となると洋装の方が多いから箱も様式にって
なったのでしょうか? どういう理由か解らないけど日本のおもてなしを
するなら、やっぱり日本文化の建物やお城!!がマッチする気がしますね♪
2014.11.16 23:35 | URL | #- [edit]
なおこ says..."ゆんさん、わたしも見たとたん"
ベルサイユ宮殿の入り口に似ていると思いました。建物内に入れないのに、公開日がこれだけ限られているほど、やはり安全のために厳重な警戒をしているということなのでしょうね。明治時代の日本は、西洋に追いつけと、知識人や学生をどんどん欧州に送り出し、欧州の文化を取り込み、欧州と肩を並べるのに躍起になっていましたし、当時先進国かつ軍事的に脅威を与えてもいた欧米諸国は、今と違って異なる文化に対する敬意、日本文化に対する敬意もなかったと思うので、当時としては、欧州風の来賓館もやむを得ず、それが功を奏したのだと思いますが、日本が先進国の仲間入りし、日本のさまざまな伝統文化が世界に知られ、評価と敬意を得ている今では、ゆんさんたちがおっしゃるように、京都の迎賓館のような、和の心や伝統が生きた建物が望ましいように思います。

お友達と楽しく過ごせてよかったですね♪
2014.11.17 17:46 | URL | #- [edit]
くろみつ says...""
本当に、海外のお客様なら絶対純和風の方が喜ばれますよね〜(≧∇≦)
お城や忍者屋敷大さんせ〜い!!
そこで、日本の繊細な美しい和食をお出しすれば、必ずや思い出に残ってくれるの間違いなしです。
2014.11.17 18:46 | URL | #- [edit]
むらさき says...""
おはようございます。
へぇ、迎賓館って一般公開されるんですね。内部がみられるときなら行ってみたいなぁ~。

海外のお客様をお迎えするときって、私的には洋風和風どちらもOKな感じがするわ~。
プライベートを楽しんでいただきたいのなら、「和」を前面に押し出す方が
喜んでもらえそうですよね。

でも、ビジネスなら和洋折衷でいいんじゃないのって感じです。
洋の箱モノに和の繊細なおもてなしっていうのも素敵じゃないかしら。


迎賓館っていつごろ建設されたのかしら~。
かなり凝った作りよね。近くで見てみたいわ♪
2014.11.18 07:13 | URL | #- [edit]
ゆり says...""
一度迎賓館に行ってみたいんですよね~
昔行ったベルサイユ宮殿みたいで豪華で素敵(^^)
いろいろ見て回りたいです♪
2014.11.18 13:31 | URL | #- [edit]
ゆん says..."チョコレーゼさん"
こんばんは^^

> 迎賓館って公開される事があるんですね、知りませんでした。

そうなんです。私も今回初めて知りました。
まだまだ面白い見学処が都内にもあるかもしれませんね~

建物、一見して、ああ似てるな~と思いますよね。

中身が洋式なのは、当然というか、私もそこまで日本式で!!!とは思わないのだけど
見た目があまりにもまねしんぼ♪なので、
そろそろそういうのはやめてもいいのではないかな、と思いました^^

2014.11.18 20:17 | URL | #- [edit]
ゆん says..."なおこさん"
> ベルサイユ宮殿の入り口に似ていると思いました。

やっぱりなおこさんもそう思われますよね~

本家の方が観光地と化したのに比べ、こちらはまだまだ現役ですから厳重な警戒は致し方ないですね^^

ここは、もともと明治の後半に東宮御所として建てられたそうですが、鹿鳴館の系譜というか、そんな感じがしますね。なおこさんがおっしゃる通り、当時の日本の状況を考えると、先達らの切なささえ感じます。
2014.11.18 20:41 | URL | #- [edit]
ゆん says..."くろみつさん"
外国の要人を歓待する施設だから、色々制約もあるとは思うけど、
いかにもなものまねからは、そろそろ卒業してもいいのになーと思いました。

> そこで、日本の繊細な美しい和食をお出しすれば、必ずや思い出に残ってくれるの間違いなしです。

おもてなしの心ですね^w^

2014.11.18 20:55 | URL | #- [edit]
ゆん says..."むらさきさん"
こんばんは

> でも、ビジネスなら和洋折衷でいいんじゃないのって感じです。
> 洋の箱モノに和の繊細なおもてなしっていうのも素敵じゃないかしら。

おっしゃる通りですね~^^
今の日本でオール和式じゃ、ちょっと私もイヤだもの(^^;


> 迎賓館っていつごろ建設されたのかしら~。

明治の後半で、もとは東宮御所として作られたみたい。
それはそれですごいわよね。

2014.11.18 21:00 | URL | #- [edit]
ゆん says..."ゆりさん"
> 一度迎賓館に行ってみたいんですよね~
> 昔行ったベルサイユ宮殿みたいで豪華で素敵(^^)

なんでも、この前庭は実は裏庭で、逆面の庭側に噴水があるらしーの。
見れないから全然わからないけどー。
2014.11.18 21:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://shushu098765.blog.fc2.com/tb.php/288-b55d9770
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。